木

パパママキッズコース

Papa&Mamama Kids Course

お子様と同伴で参加できるセミナー

パパ・ママキッズコースとは
お子様と同伴で参加できる介護セミナーです。

なぜパパママキッズコースを作ったのか?

パパママキッズコース"
前職で、子育て支援の担当をしていてわかったのが、介護現場の職員の大半は女性で、30代~40代の子育て世代が多く従事していることです。また、シングルで子育てを頑張っておられる方も少なくありませんでした。
そんなスタッフがたくさんいるのに研修といったら終業後の時間です。「私、出たいんですけど子供がいるので・・・」と言った言葉をたくさん聞きました。子供が一緒でもいいのにな~・・・。それが、きっかけでした。

私が、託児ではなく同伴にしたのか?

パパママキッズコース"

*まず託児を考えました。
ある研修のとき、 「今度の研修は、託児サービスがある。」と知ったお母さんは「よかった子供を見てくれるのなら研修に参加しよう。」そう思って研修に参加してくれるかもしれません。でも、あずけられる子供は、いくら幼稚園や保育園に行っていても、場所や人が違うので全く知らないところで知らない人ばかりです。お母さんも「初めての所で大丈夫かな?」と不安になることでしょう。
そして、研修が終わって迎えに行ったらとっても楽しそうにしていてくれたら、「良かった。また次も利用しよう。」と思ってくれるでしょう。しかし、不安そうな顔をしている我が子を見たら「可哀想なことしちゃったな。次は、やめよう。」と思うかもしれません。お母さんもあずかってもらっている安心と不安が混在しながら研修を受けることになると思うのです。それでは長続きしません。親も子も安心できなくてはいけないと思ったのです。

*どうして同伴にしたのか?
そんな時、自分の子育て時代がよみがえってきたのです。
私は、自分の子供をなかなか人に預けることができませんでした。子供にとってそれがいいか悪いかは別にして、とにかく私自身が不安だったのです。「泣いてないか?」「悪いことしてないか?」「迷惑かけてないか?」等々です。なんだか気が気でなくて、用事もソコソコに・・・といった感じでの子育てでした。こんな私みたいなお母さんやお父さんはいるかも・・・?と思ったのです。

お母さん・お父さんのすごさは、子供がそばにいれば、どんなにおしゃべりに夢中になっていても我が子の危険な事や変化にはすぐに反応します(特にお母さん)。何かあってその場を離れても子供の事が済むとスッと戻って又、おしゃべりに参加しています(私もそうでした)。この集中力は、子供がそばにいる安心感があるからだと思います。これは、研修にも通用すると思いました。

また、子供たちも真剣に学んでいる大人の所では、遊び方を工夫してくれます。
子供もちゃんとわかっています(思っているより大人です)。

私も参加したい子育て支援

パパママキッズコース

お母さんやお父さんは、おんぶしたり抱っこしたりしながら学習する。子供は、親が真剣に学ぶ姿を見る。そして、研修に参加した大人が、そこにいる子供をみんなで見ながら勉強する。まさにこれぞ子育て支援だと思っています。
この度、同伴OKではなくパパママキッズコースを別に設けたもう一つの理由は、全員子ずれですので、お互い様です。気兼ねせずに子供を連れてきてほしかったからです。そんな思いからこのコースを設けましたので参加の皆様には、ご理解とご協力を切にお願い申し上げます。少しだけですが、私も皆さんの子育てに参加させていただけたら嬉しいです。
子供が居ても大丈夫な方は、パパママキッズコース(受講内容には変わりありません)の受講を可能にしています。

パパママキッズコースの流れ

パパママキッズコースの流れ

企業向けサポート
介護職員の人材育成教育とシステム整備によって 業務改善を行い働きやすい職場環境の構築を目指 します。
・リクルーティング強化へのコンサルティング
・人材育成教育のアウトソーシング
・看護職員不在時でも適切対応ができる緊急対応システム
・サービス付き高齢者向け住宅のコンサルティング
企業向けサポートを詳しく
専門職向けサポート
介護知識や介護技術のスキルアップを目指しておられる方向けのサポート。
・看護現場就職希望者への教育支援と就職アドバイス
・専門的知識のスキルアップ教育
専門職向けサポートを詳しく
個人向けサポート
自分の空いた時間を少し使って介護の技術や介護保険のことを学んでみませんか?
・家庭で使える介護セミナー
・メンタルデトックスセミナー
・子供同伴で受講できるパパママキッズコース
個人向けサポートを詳しく